貸会議室は企業の採用面接にも最適なレンタルスペース

貸会議室は企業の採用面接にも最適なレンタルスペース

ビジネス用途だけではなく、最近はプライベートなパーティーや宴会のスペースとしても注目されている貸会議室。東京、大阪、名古屋などの大都市を中心に増加しているため、多くの人々がその看板を目にしたことがあるのではないでしょうか?

貸会議室は、ビジネスのさまざまな場面で活用することの可能なレンタルスペースです。代表的な使い方の一つが、読んで字の如く、会議室。予算削減を余儀なくされている多くの企業にとって、常に稼働しているわけではない会議室を持つことは、今の世の中では「無駄」とされるのです。こうした企業にとって、リーズナブルに、そして手軽に利用することの可能な貸会議室は無くてはならない存在となっています。

貸会議室には少人数から大人数に対応したさまざまな部屋がそろっているため、会議だけではなく「セミナー」や「研修」といった使い方ができるほか、最近では「採用面接」や「採用説明会」に利用する企業も増えています。朝から夕方まで、場合によっては夜遅くまで使用することのできる貸会議室は、多くの企業にとって、社内イベントを柔軟に開催することのできる、便利な選択肢です。

一つの部屋だけではなく、複数の部屋を利用することで、面接と説明会を同時開催したり、参加者の休憩室に利用したりと、自由自在にアレンジできることが魅力です。




 
面接




面接は、人生において、ほとんどの人が何度かは経験しているビッグイベントです。中学や高校の入学試験、一部の資格試験、そして就職などが主な面接の機会として挙げられるでしょう。

面接は採用する側、そしてされる側にとっても大切なプロセスです。面接では、試験やテストでは分からないこと、たとえば思想や話す能力などを掴む場になります。実際に会わなければ分からないことを知る機会が面接であると言えるでしょう。

ショップでのアルバイトなど、規模の大きくない面接ならば、事務所やカフェなどで済ますことができますが、企業の採用面接となるとそうはいきません。海外の候補者など、実際に会うことが難しい場合はインターネットを利用して面接を行う場合もありますが、現在も主流は対面しての面接になるでしょう。

業の採用面接では、個人面接が一般的ですが、グループで面接する場合もあります。企業側も優秀な人材を確保するために、面接の方法についてもアップグレードを繰り返していると言えるでしょう。そのため面接には、それぞれの用途に合った部屋を確保することが必要になります。社内にそれだけのスペースが用意できるのであれば何も問題はありませんが、なかなかそうはいかないのが現実です。大小さまざまな部屋が利用可能で、パーティションなどの備品もそろっている貸会議室は、面接に最適のスペースになるでしょう。




 

貸会議室を面接会場にする利点




実際、面接会場としてよく利用されている貸会議室ですが、どのような利点があって選ばれているのでしょうか?

 
収容人数を問わない豊富な部屋数


貸会議室には、小さな部屋から大きな部屋まで、さまざまなタイプの部屋が用意されています。規模の大小を問わず、部屋を選択することが可能です。昨今は自社でスペースを確保することが難しい企業が増えています。休憩室や待合室など、多くのスペースを必要とする面接は、フレキシブルにスペースを活用可能な貸会議室が使いやすいでしょう。
 
面接のスタイルに合わせた会場選び


採用面接にも、企業により、さまざまなスタイルがあります。オーソドックスな対面式の面接から、グループ面接、さらには就職イベントのようなウォークインスタイルの面接を取り入れている企業もあります。スペース内の机や椅子の配置をかんたんに変更することの可能な貸会議室なら、どんなスタイルの面接にも合わせることが可能です。

また、役員の採用面接など、特別なシチュエーションの面接に適した、落ち着きがあり上品な、高級ホテルを思わせるスペースを持つ貸会議室もあります。

 
便利なロケーション


企業の採用面接というと、実際にその企業で行われると思っている方も多いと思います。確かに、実際に面接を受ける側としては、その企業のことを身近に感じ、知る機会でもあるためメリットは少なくありません。ただ、時代がなかなかそれを許さないというのが正直なところでしょう。そういう理由もあり、多くの企業が貸会議室で採用面接を行っているわけですが、貸会議室で面接を行うすばらしいメリットがあります。

それはロケーションが良いこと。規模の大きい採用面接となれば、日本全国津々浦々から候補者がやってきます。候補者の利便性を考えると、東京や大阪、名古屋といった大都市主要駅に位置する貸会議室を面接会場に設定することは大切です。




 

面接の種類




 
新卒採用面接


新卒採用面接では、対面式の面接が多く採用されますが、ディスカッション形式のグループ面接もよく行われます。このような形式で行われる面接は、候補者のディスカッションにおける発言や対応能力を量ることを目的としています。

よく「コミュ力」という言葉を聞くことがありますが、コミュニケーション能力を重視する企業は増えており、今後もディスカッション形式のグループ面接を採用する企業も増加すると考えられます。対面式とは異なる、議論を活発化させる机や椅子のレイアウトが求められますが、貸会議室ならスムースに対応可能です。

 
中途採用面接


既に職務の経験がある人材を採用する中途採用面接では、新卒採用よりも、さらに面接が重要視されます。中途採用の場合、即戦力として期待されますので、必然的に面接に重きが置かれるのです。職務経歴書には現れない、性格や人間性といった部分を判断することを目的としているため、堅苦しくない、落ち着いたしゃべりやすい環境を整えたいものです。コーディネーターが常駐している貸会議室であれば、事前に相談して、心地よい面接スペースを作ることも可能です。
 
スカイプ面接(インターネット面接)


インターネットを利用した面接は主流ではないというお話をしましたが、例外はあります。海外への就職を目指す人の場合、やはり物理的に距離のある海外に出向いて面接を受けるというのはたいへんなことです。そのため、海外や国内の遠隔地の企業に就職を望む場合などは、その企業がスカイプを使用して面接を行う場合があります。

しかし、このスカイプ面接、意外にも「場所」を選びます。企業側はオフィスからスカイプを使用すればまったく問題が無いのですが、面接を受ける側にとって場所選びは切実です。

 
  • 生活感のある部屋では面接に向かないのではないか?
  • カフェではカジュアルすぎるし、他の人の話し声が入ってしまうかも
 
  • カフェなどのスペースだとインターネットのコネクションが不安定では?


など、実は意外に悩みが多くなるのがスカイプ面接なのです。

この解決策となるのが貸会議室です。貸会議室は一人でも利用することが可能。通常は面接を行う側が借りる貸会議室を、面接を受ける側が借りる形になります。貸会議室では、完全にプライベートが守られます。カフェのように他人の話し声や個人情報の漏洩を気にする必要はありません。おまけに安定したWi-Fiコネクションも備わっているので、大事な面接が不安定な接続のために邪魔されることもありません。



 

貸会議室のかしこい使い方




採用面接で貸会議室を使う。面接の形が多様化している今、面接を自社スペースではなく貸会議室で行うという企業が増えています。企業、そして就職を目指す人の双方にとって、フレキシブルに利用することのできる貸会議室は大きなメリットがあるのです。




コンタクトレンズの通販
小倉北区・八幡西区・北九州リフォーム
一枚板
川越のホットヨガ・暗闇フィットネス
自由が丘パーソナルトレーニング

JOHNNYSTYLE(ジョニースタイル) 自由が丘店
TEL03-5755-5720
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目29−10 自由が丘リブレビル 4F
https://www.johnny-style.com/company/jiyugaoka.html